デジタルな話ーBについて語りたい その本当の3 新イメージのことなど

最近はこのDACで聴く時間が多いのです。

TDA1545Aという古いPhilipsのチップを使ったDIYINHKの基板です。

相変わらず電源の基盤とトランスでシャーシの大部分を占めています。

実はこのDACは実験用のというか試作用で、使っていない電源基板も乗っています。元々はCambridge AudioのDac Magic 2というDACの最初期のものです。確か輸入元が変わる前でかなり安く買った記憶があります。はじめはCDプレーヤーにつないでいましたが、Boticを使い始める前のころまで(古いPCにVoyageMPDやVortexboxをインストールして)使っていました。2年ぐらい前までは動いていましたがトランスが1個断線して動かなくなりました。修理することも考えましたが、残っているトランスとシャーシを使い実験用のDACとして使う選択をしました。

AK4495を使った先に紹介したDACと聴き比べても違いがほとんど分かりません。I2Sの分配基板から同じ信号を入れているのでAK4495DACと切り替え比較ができるのです。切り替えた瞬間は少し違う様に感じますがすぐどこが違うのかわからなくなります。こちらのDACの方が僅かに拡がり出ることとボーカルがより自然に感じる瞬間があるといえばあるかなあ、と言ったところです。何人かの方に比較試聴をお願いしましたが、全員判定不能とのことでした。

 

自画自賛になりますが、Botic7のJessieバージョンは作って良かったと思います。

ちょうどVolumio2も出たし、以前から気になっているHQplayer+NAAの音も出して比較してみました。Volumio2は音の肌合いがBotic7のJessieバージョンとよく似ている感じがします。比較した場合、少し静けさが足りないのと付帯音が僅かに乗る感じがします。設定の簡単さや操作性の良さを考慮すると総合的な性能ではずっと上なので多くの方に使っていただきたいソフトです。HQplayer+NAAは前のイメージとあまり変わらない感じがしたのであえて使う必要が無いと私は思いました。

今度のイメージを使ってはじめて音を出した時の印象は何度か書いた気がしますが、もう一度書くと、スケールの大きさと静けさでした。それは今でもそのまま感じています。本当に音のない部分と音のない空間の静けさを感じることができるようになりました。今までに聴いたことのないような小さな音が聴こえています。また、その小さな音がどこから出ているのかがよく分かります。JAZZのライブ盤などを聴いた場合、客席の話者と演奏者の位置関係が明確に聴こえます。

低音の明瞭度が上がったことも感じます。レンジも少し伸びた様な感じもあり、いままでゴゾゴゾしていた音が意味のある音だったこと分かるようになっています。きつく感じる音は更にきつく感じます。例えばシンバルを鳴らした時の合わさった瞬間の衝撃音が強くきこるといったことです。私のところでは、スピーカーからの個体伝送の音が非常に少くなるようにしているのですが(このスピーカーのことは後で記事にします)、空気を伝わってきた音がテーブルなどを揺らす力が強くなったとか、室内にある小物が共鳴しやすくなったとかの物理的な変化があります。

以前からより強い音(注)を目標にしていましたが少しだけ近づいた気がします。

 

 

(注) 私が音楽を聴いている時に、そばで家人が新聞を読み始めたとします。その新聞紙をめくる音のエネルギー感というのは非常に破壊力があります。かなり気を遣って新聞をめくるのですが実に耳に痛いのです。

結局は音の立ち上がりということになると思いますが、発音体から直接耳に届く音というのはどんな小さな音でもその立ち上がりが鈍っていません。電気などを使って音を再生する場合、エネルギー変換をするたびに信号は鈍っていきますから、それをいかに少なくすることができるかが最終的な決め手になると思っています。そういった感じの音を強い音と私は表現します。

レコードは正しく再生すれば立ち上がりは非常に良いです。(強い音が出ます。)今回のイメージから出る音でほんの僅かの差というところに近づいた気がします。

 

これは蛇足ですが……多くの方がレコード再生とデジタルのそれとの比較で再生帯域を主問題にしているようですが、私は違っているとずっと思っています。

kick について

kick 時々 moct
どちらも名前のもじりです。kick は姓からですし、moct の方は名前の音読み+αです。
kicktickは要するに私のようにということで、基本きまぐれ、思いつき、言いたい放題、まれに真面目といことです。

メールアドレス  moctアットマークkickcoffee.org

カテゴリー: audio パーマリンク

デジタルな話ーBについて語りたい その本当の3 新イメージのことなど への1件のフィードバック

  1. Komotan のコメント:

    Komotanです
     私も、貴君のJessieバージョンを利用させてもらっています。
     selmpd mpd-rt の方を使っています。 NASも cifs でマウントできました。
     ありがとうございました。 素晴らしい出来栄えだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA