スピーカーな話 その2 原理模型

スピーカーを作りました。といってもスピーカーユニットをエンクロージャー?に入れたというのか、鳴らせる状態にしたというのか……

10cmのフルレンジスピーカー(Fostex P1000K)を使いました。安くて特性もそこそこなのでこれにしました。

今回の製作目的は、現在使っているスピーカーシステムの原理の説明と、小型化したらどうなるかを確かめたかったからです。小型化と言っても写真をご覧になればおわかりと思いますが結構大きいです。

ダンボール箱を芯にして両面を粗毛フェルトで包み込んでいます。木材などで枠を組んでそこに粗毛フェルトをかぶせたほうが本当は良いのですが、簡単に作るために今回はダンボールを芯にしています。各面のダンボールにはできるだけ穴を多く開け開口面積を広げたほうが良いです。

スピーカーユニットには錘(半切りレンガを使いました)をエポキシで接着し、吊り下げ用の紐を取り付けます。

 

 

スピーカーを吊り下げますが、この場合紐をV字にしてスピーカーユニットが前後にだけ動くように釣ったほうが良いようです。

ではなぜ私がこんなものをずっと使っているのかということですが……

 

「振動板から発生している音だけを聴きたい!」

それだけです。

エンクロージャーに粗毛フェルトを使っているのは、木材の振動する音や、バッフル面からの反射する音を聴きたくない、ということです。磁気回路に錘を取り付けるのはスピーカーのフレームから放射する音を聴きたくないからです。そして吊るすのは、床や壁に振動が伝わるのを出来る限り少なくするためです。

音の方ですが……   予想以上でした。

出来上がった当初は、低音が全く出ませんでしたが、スピーカーの外側まで大きく音が拡がって聴こえます。鳴らしこむにつれて少しずつ低音の量とレンジが拡がっていきます。側面のダンボールを多く残しすぎたためにダンボールの音が聴こえそれが気になったので、無理やりフェルトを剥がしカッターナイフで適当に穴を拡大しフェルトを貼り直したので少しいびつになりました。だいぶカンカンした音が減り音が落ち着いてきました。

能率が結構高いので、びっくりするほど大きな音まで出ますし、つかえた感じはありません。かなり低い音までしっかり出てきます。コントラバスの音階もよく分かります。トーンコントロールで少し持ち上げてやると大編成のものでもそれらしく再生します。

先にも書きましたが、空間の再現は見事です。スピーカーの間隔に関係なく部屋中に音が拡がってきます。スピーカーの間隔を1メートルから3メートルぐらいに変えてみて音の定位はほとんど同じような感じに聴こえるのは少し不思議です。

音の立ち上がりと、細かい音の再現能力は多くの方が聴いたことのないレベルだと思います。音の立ち上がりが圧倒的に良くなると、楽器のバランスが違って聴こえてきます。打楽器の音が大きくなり人の声や弦楽器が相対的に小さくなります。また音の実体感が増しそこで音が作られている様な感じに聴こえてきます。またエンクロージャーや床や壁の振動で発生している音が、細かい強弱や音色の変化をマスクしています。でもこういったことは経験しないと絶対にわからない部分だと思います。

非常に安価なスピーカーユニットでも非常にクォリティの高いシステムができることが分かり、「振動板の音だけ聴きたい」という考えが間違っていないと再認識しました。

 

 

おまけ

MPD−0.20.9 アップロードしました。

カテゴリー: audio | 1件のコメント

デジタルな話ーBについて語りたい その 15 MPD更新

mpdの新しいバージョンをアップロードしました。

(Arch版だけです。)

mpd0.20.7に続き直ぐmpd0.20.8になりました。mpd0.20.7は従来とほとんど同じですが、mpd0.20.8の方はffmpegを外してあるためmp3の再生は出来ません。

git版の方はmpd0.21になっていました。これはぜひ聴いていただきたいです。RTパッチがエラーになって当たらないので、mpd.confを書き換えて下さい。またデータベースが変わったようでmpd0.20(mpd0.19)系から入れ替えるとデータベースを書き替えますのでバックアップをしておくことをお勧めします。または、mpd.confのdb_fileを別名にしておくと新しく作り始めますからこちらのほうが良いかもしれません。

selpmdをお使いの場合は、mpc.confを編集の際、RTオプションの項目とdb_fileを編集し、selmpdで切り替えると楽だと思います。

5月21日追記

git版(mpd0.21)ですが、non-RTでもmpd0.20.8-rtに匹敵する音質と思います。

top -HでPIDを探し、手動で優先度を上げてみました。

ターミナルから top -H と入力し(zで文字を白くしてから)下向き矢印でmpdの項目まで行き、output:Boticとdecoder:のPIDが分かります。

chrt -p -f 55(優先度:任意) PID と入力するだけです。

多分変わると思います。

RTパッチが待ち遠しいです。

 

 

カテゴリー: audio | 10件のコメント

ハードな話 その1 近況です

お久しぶりです。

正月過ぎから機械の方に主に進めていました。

まずスピーカーの原理模型を作りました。10cm口径のフルレンジにレンガのデッドマス(錘)を取り付け、フェルトのバッフル(後面開放箱)に糸でぶら下げたものです。

このスピーカーを鳴らすため、中華製の安いデジタルアンプを買ってみました。

以前アップしました正12面体スピーカーの視聴にも使いましたが、このデジタルアンプがなかなかの高音質であることが分かりました。

アンプが増えたので、スピーカーのバイアンプ駆動を行ないましたが、好結果を得たので直ぐ2チャンネルマルチに変更しました。圧倒的ともいえる変化がありましたが、マランツPM-14とでは音色が合わないため、ネットで好評なフィリップスTDA-1552Q(カーステレオ用のパワアンプIC)を使った基板キットを組み立て使ってみました。200V用のトランスを使った半波整流電源を使ったり、放熱板に銅の厚板を使ったりすると、パワーはありませんが(多分数ワットです)恐ろしいほど優れたアンプになります。

このアンプを高音側に使ったのですが、低音側にも使いたくなりもう1台組みました。音量は出ませんが、今まで聴いたことのないような音が出ます。

以前から友人に依頼されていた抵抗式のアッテネーターを組み立て、上記のアンプに取り付けて見ました。鳴らし始めた時、私を含めて3人いましたが、全員ぶっ飛びました。自動的に同じアンプを2台組まなくてはいけないことになってしまいました。(その後更に増えました。)

私のところは部屋が普通のところより少し広く、スピーカーの能率もあまり良くないので、数ワットのアンプでは編成の大きなもので音量が不足します。10年ほど前より友人から預かっているフォステクスの20cmフルレンジ(FE-206E)を使ってもいいよということで、安いソフトドームのツィーターを追加購入し、1週間ほどかかりましたがやっと調整が終わったところです

至って普通の音が出ています。なんとか前の状態に追いついたかなと言ったところですが、スピーカーのトレーニングやら、あちこちの部品が馴染んでくれば聴いているうちに少しずつ成長?していくでしょうからその変化が楽しみでもあります。

 

 

カテゴリー: audio | コメントする

デジタルな話ーBについて語りたい その 15 arch-botic を作り直しました

arch-botic のイメージファイルを作りなおしました。

Listen Only 版と基本的には同じですが、開発環境が入っています。

最新版のmpd0.20.5-rt 2種類入れてあります。

mpd-0205rt_s  シンプルバージョンです。MP3の再生は出来ません。

Decoders plugins: [oggflac] ogg oga, [flac] flac, [audiofile] wav au aiff aif, [dsdiff] dff
,[dsf] dsf

mpd-0205rt_a オールバージョンです。(のつもりです。)

selmpd xxxxx で mpd01921/mpd0204/mpd0205a/mpd0205s の選択が出来ます。

 

新機能 カーネルバージョンの切り替え

selboot xxxx で rt4813/rt4911/rt4913 の選択が出来ます。(再起動します。)

Linux alarm 4.9.13-rt10 (rt4913) で起動します。従来版(rt4813)と同じ設定でビルドしましたが実装されていないドライバなどがあるかもしれません。(rt4911も同様)

 

 

上記以外は従来版と同じ設定になっていますから、ネットワークやnasのマウントの設定を同じにして/var/lib/mpd/mpd.dbをコピーすれば直ぐに使えるはずです。(コピー後に selmpd mpdxxxx を実行するかrebootして下さい。)

/music/testにサンプルが入っていますので、nasのマウントをしなくても音が出るはずです。

nfs・cifs(smbclient)でマウント可能(のはず)です。nfsしか確認していません。

rc.localは使用できます。(リアルタイムの優先度の設定に使っています。)

LINUXCOMdさんのブリッジボード使って音が出ることを確認しています。他のボードをご使用にの場合やdsdの再生など未確認の部分がたくさんあります。動作不良に対するサポートは基本的に行いませんが、ご質問などには可能な限り対応します。

 

(私自身が)気がついたことがある場合やご利用の皆さんから重大なご指摘があった場合、このページに追記または訂正をしていく予定です。

カテゴリー: audio | 21件のコメント

スピーカーな話 その1 12面体な話

Oさんから12面体スピーカーのデモを行ないたいとのご依頼がありました。このOさんという方は不可思議な機材を満載したワゴン車で不定期に私のところに出没されます。今回のスピーカーの前は、欧州直熱3極管のウィリアムソンアンプだったような……

これがその12面体スピーカーです。「自作の友」さんという方のところから日本中を回って来たようです。

3月12日にMJオーディオフェスティバルに出展されるそうです。(上記リンク先に記事があります。)

 

 

しばらく四角い箱に入ったスピーカーを聴いていないので、箱による違いは正直言ってよくわからないのですが、過去の記憶と比較すると音の広がる感じなどは良いような気がします。

カテゴリー: audio | コメントする

デジタルな話ーBについて語りたい その 14 聴いてみなければ分からない

Arch-BoticでRT優先度の設定状態を確認するコマンド ps -eo pid,comm,rtprio,pri,priority

を入力してみると以下のようになるはずです。

/etc/rc.localから設定した以外の項目の優先度が反映されているかどうかを確認するのだが、設定していない項目でもirq(割り込み要求)番号のあるものは自動的にFIFO50が与えられている。この値はかなり高い優先度です。

[root@alarm ~]# ps -eo pid,comm,rtprio,pri,priority
1 systemd – 19 20
2 kthreadd – 19 20
3 ksoftirqd/0 – 19 20
省略
16 irq/26-44e07000 50 90 -51
17 irq/59-4804c000 50 90 -51
18 irq/92-481ac000 50 90 -51
19 irq/125-481ae00 50 90 -51
以下省略

cat /proc/interrupts として割り込み回数を見ても全くと言っていいほど割り込みがないので、あまり影響が無いと勝手に思っていました。

でも設定していない項目の値が高いというのもスッキリしないので、まとめて全部の優先度を下げてみました。

chrt -p -o 0 `pgrep irq/26-44e07000`
chrt -p -o 0 `pgrep irq/59-4804c000`
chrt -p -o 0 `pgrep irq/92-481ac000`
chrt -p -o 0 `pgrep irq/125-481ae00`
chrt -p -o 0 `pgrep irq/188-4740000`
chrt -p -o 0 `pgrep irq/170-rtc0`
chrt -p -o 0 `pgrep irq/171-rtc0`
chrt -p -o 0 `pgrep irq/162-mmc1`
chrt -p -o 0 `pgrep irq/33-48060000`
chrt -p -o 0 `pgrep irq/182-4803800`
chrt -p -o 0 `pgrep irq/181-4803800`
chrt -p -o 0 `pgrep irq/184-4803c00`
chrt -p -o 0 `pgrep irq/183-4803c00`
chrt -p -o 0 `pgrep irq/185-4831000`
chrt -p -o 0 `pgrep irq/159-44e0b00`
chrt -p -o 0 `pgrep irq/189-tps6521`
chrt -p -o 0 `pgrep irq/160-4802a00`
chrt -p -o 0 `pgrep irq/19-wkup_m3_`
chrt -p -o 0 `pgrep irq/164-wkup_m3`
おまけ_`
chrt -p -f 53 `mpd`

「音は聴いてみるまで分からない。」   全くその通りです。

 

カテゴリー: audio | 4件のコメント

デジタルな話ーBについて語りたい その 13 Listen Only

イメージを入れ替えました。

前イメージをダウンロードされた方は、 /usr/lib/systemd/system/mpd.service をエディタで開き、 Type=notify の前に#を付け無効にして下さい。

arch-botic_listen-only_01272017.img をアップロードしました。

mpd-0203rtアップロードしました(01262017)   上記イメージでは入れ替え済みです。

名前の通り「聴き専」で開発環境は入っていません。

ID:root   password:root     music_directory:/music

変更点

mpdの起動はsystemdで行っています。

リアルタイムの優先度の設定などについては、ここまでの成果を盛り込んであるので設定変更はあまり必要ないと思います。

selmpdでmpd0202とmpd0203(git版)とmpd01921の選択が出来ます。mpd019系はtimeoutで途中で停止する場合があるため入れませんでした。

1/27追記

selmpd mpdで mpd01921/mpd0203/mpd0203 の選択が可能です。コマンドラインから

selmpd mpd01921  などと入力すると切り替わります。

本体は /root/selmpd にあります。このディレクトリに任意のディリレクトリを作成しmpdとmpd.confを入れておくと selmpd ディレクトリ名 で切り替わります。mpdのバージョンや設定変更の際の聴き比べに役立つと思います。

追記ここまで

上記以外は従来版のArch-Botic.imgと同じ設定になっていますから、ネットワークやnasのマウントの設定を同じにして/var/lib/mpd/mpd.dbをコピーすれば直ぐに使えるはずです。(コピー後に selmpd mpdxxxx を実行するかrebootして下さい。)

 

/music/testにサンプル(wav/flac)が入っていますので、nasのマウントをしなくても音が出るはずです。またstorage pluginsが有効ですから、こちらのご利用もお勧めします。

nfs・cifs(smbclient)でマウント可能(のはず)です。nfsしか確認していません。

rc.localは使用できます。(リアルタイムの優先度の設定に使っています。)

LINUXCOMdさんのブリッジボード使って音が出ることを確認しています。他のボードをご使用にの場合やdsdの再生など未確認の部分がたくさんあります。動作不良に対するサポートは基本的に行いませんが、ご質問などには可能な限り対応します。

 

(私自身が)気がついたことがある場合やご利用の皆さんから重大なご指摘があった場合、このページに追記または訂正をしていく予定です。

 

本イメージのご利用はあくまで利用される方ご本人の責任でお願い致します。

カテゴリー: audio | 34件のコメント

デジタルな話ーBについて語りたい その 12 mpdなどなど

追加あります Botic-Arch selmpd が使えるようになりました

先ほど、mpd-0202rtをアップロードしました。/etc/mpd.confにログファイルの指定を行わないとうごきませんので    log_file     “/dev/null”  などと書き加えて下さい。そして、このままでも以前のバージョンのmpdは動きます。(コピペすると ” が文字化けするかもしれませんの半角で入れ直してください。)

また、mpd-01921-rt-dsd-new も昨日アップロードしてあります。できる限りコンパクトにしていますが、機能はそれほど落としていないつもりです。イメージファイルに同梱のものと同じバージョンですが、私のところで聴く限り音質はかなりの向上があります。

selmpdのご要望もありますが、うまく動くものが出来ません。しばらくお待ちください。(できるかなあ……)

mpd の切り替え方法

pkill mpd (mpdを停止)

/usr/local/bin のmpdを入れ替えます。

/usr/local/bin/mpd /etc/mpd.conf     (mpdをスタート)

selmpd

コメントをご覧いただけば分かりますが、Ca2さんに教えていただきました。ありがとうございます。

以下をselmpdと名付け/usr/local/sbinに保存してください。

/usr/local/sbin/selmpd

ここから

#!/bin/sh
echo “Please wait a moment”
cp -f /root/selmpd/$1/mpd /usr/local/bin/
cp -f /root/selmpd/$1/mpd.conf /etc/
echo “Switching to $1”
sleep 1
[ `pgrep -o mpd` != `pgrep -n mpd` ] && pkill -o mpd
/usr/local/bin/mpd /etc/mpd.conf
exit 0

ここまで

chmod +x /usr/local/sbin/selmpd

使い方は、以前のものと同じです。/rootに/selmpdというディレクトリを作成し,

その中にmpd・mpd.conf格納用のディレクトリ(mpdxxx・mpdyyyなど)を作成します。

mkdir /root/selmpd /root/selmpd/mpdxxx /root/selmpd/mpdyyy

mpdxxx・mpdyyyにmpd・mpd.confをコピーします。

selmpd mpdxxx で切り替わります。

カテゴリー: audio | 7件のコメント

デジタルな話ーBについて語りたい その 11 あっちこっち

訂正があります

あっちもこっちも忙しくなってきました。

「デジファイのおと」さんの掲示板で、「beagleboneのkernel,mpd」のトピックに最新版のmpdがアップロードされています。また同掲示板でyoさんとのやり取りの中に「割込ハンドラーのプライオリティの設定はlightmpd.confから出来ます。」と「デジファイのおと」さんからコメントがありました。詳しい説明はここではしませんが、要するに優先レベルを設定ができるということです。

以前からBoticized lightMPDに最新版のmpdが入り優先レベルの設定ができたらものすごいものになるだろう、と言っていましたがそれが実現してしまいました。

使い方は非常に簡単で、最新版のmpdをSDカードのlightmpdフォルダにコピーしlightmpd.confでこのmpdを使うように指定し、優先レベルを変更するコマンドを書き加えるだけです。

[irqpriority]
setdefault=no
musb-hdrc.0.auto=FIFO:1
49000000.edma_ccint.0.auto=FIFO:99
4a100000.ethernet.0.auto=FIFO:51

これは私の設定ですが、USBの代わりにGPIOのところを最高してあります。

 

実は、ここのところずっとBotic-Archをいじっています。

/etc/mpd.conf realtime_optionのmain_priority、decoder_priorityは”OTHER:0″ですが、どうもここを上げてやるのが良いようです。wav,aiffなどの圧縮されていないファイルの再生でもデコーダーは使うようです。(設定方法の詳細は途中までですがここを参照して下さい。)

audio_output

priority   “FIFO:55”

realtime_option

main_priority   “FIFO:52″ player_priority “FIFO:54″ decoder_priority “FIFO:53”

audio_outputについてはこのままで良いと思いますが、realtime_option の3つの値についてはどの順番にするか大いに悩んでいます。

そしてここの値の設定は、LightMPDも同様なので、みなさん一緒に悩みましょう。

 

そういえばもうひとつ忘れていました。(Arch,Jessie,Ubuntu-boticで)

chrt -p -f 99 `pgrep mmcqd/0`(SDカードの場合、eMMCの時は/1)

訂正部分

chrt -p -f 99 `pgrep irq/162-mmc1`(eMMCのの場合)

chrt -p -f 99 `pgrep irq/161-mmc0`(SDカードの場合)

とやって起動するメデアの優先レベルを最高に上げるのが良いようなんです。

 

 

ArchとLightMPDのどちらをメインにするか、悩みはつきません。

カテゴリー: audio | 4件のコメント

Above The Sky

我が家の飼い野良猫        シド(SiDo)

カテゴリー: Life, 日々の出来事 | コメントする