デジタルな話ーBについて語りたい その17 Arch-Botic 再更新

arch-boticの最新版です。

arch-botic11102017.img  selbootrt4954 でrtカーネルに切り替えると音が出なくなります。
/build_boot/rt4954/dtbs/の
am335x-boneblack-botic.dtb を am335x-boneblack-botic.dtb
にリネームして下さい。(同名ファイルは消去)

 

ここ何日かrtとxenomaiの違いを聴き比べています。バージョンの違いもあったので、どちらも最新版に作りなおしました。

音の方は、どちらもかなり安定したと思います。Nelson版の最新版とコンパイラも最新版になったせいなのかずいぶん分厚くなって中身がぎっちり詰まった感じになった気がします。私には好ましい変化です。

xenomaiとrtの違いは今のところ私にあまり良くわかりません。ただ、xenomaiは再生を続けていると音が少しずつ変化してきて音が少しずつ濃くなっていくような気がしないでもありません。

使い方は、以前のものと同じです。

sshログイン id:root      password:root

kernelは3種類選択できます。

selboot  xe4954   などと入力するとカーネルが切り替わり再起動します

1  xe4954 (Linux4.9.54-bone7-xenomai) デフォルト

2   rt4954 (Linux4.9.54-bone-rt-r7)

3  rt4813

mpdも3種類で、こちらは selmpd mpd021git  などと入力すると切り替わります。

1:mpd01921    2:mpd02010   3:mpd021git の3種類です。

mpd019系&mpd020系とmpd021系ではデータベースの構造が違うため共用できないので別名で作るようにしてあります。それぞれの最初の起動時にデータベース更新が行われます。

追記 1

性懲りもなく版を更新しています。

主な変更点は、今までbotic7(4.8.13-rt6-botic7-rc3)から持ってきて使っていたam335x-boneblack-botic.dtb(am335x-boneblack.dtbにリネームして使用)を、コンパイルしなおしたことです。あまり変化が無いと思い今まで手を付けていませんでしたが、実際に変更してみて効果の大きさにびっくりしています。

また、rtの設定項目を少し変更しています。起動のタイミングによりmpdのrt設定が無効になる場合があることが分かったため/etc/rc.localの一番最後持ってきたなどです。rc.localからnasをマウントする場合、 chrt -f -p 50 `pgrep nfs` などはマウントした後において下さい。

/etc/sysctl.d/99-sysctl.confの設定で少し音が変わるはずです。

kernel.sched_rt_runtime_us = 960000 (ここの数値で音が少し変わるはずです。)
kernel.sched_rt_period_us = 1000000 (こちらは変えないで下さい。)

kernel.sched_rt_runtime_us は950000がデフォルトで、上記2項目を#で無効にした場合それぞれ950000、1000000になります。kernel.sched_rt_runtime_usを900000から980000あたりまで変化させて遊んでみるのも面白いかもしれません。

上記2項目を無効にして、 kernel.sched_rt_runtime_us = -1 を有効にすると「デジファイのおと」さんのlightMPDに雰囲気が近づくはず?です。

 

追記 2

selmpd でmpdを切り替えて聴いているうちに切り替えた後なんとなく音が痩せるように聴こえます。topで確認したらrtの設定が無効になっています。selmpdでは一旦mpdを停止しコピー後再起動しますが、その際rtの設定が無効になっていました。追記1で書いたmpdの起動のタイミングの問題ではなく、本当の原因はたぶんここにあったのだと思います。

selmpd でmpdを切り替えてお使いになる方は、/usr/local/sbin/selmpdの最後の行に以下を書き加えて下さい。   chrt -p -f 51 `pgrep mpd`

mpd−rtの場合は、mpd.confのrealtime_option main_priority の設定と同じことですが、non-rtの場合は、chrtコマンドでしか設定できないのです。私の場合、現在の設定のほうが好ましく感じていますが、好みのレベルと思います。

 

Boticパッチも完全に当たっていないところもあり不具合があるかもしれませんが、まる1日ほどですが使い続けてもトラブルが無いのでアップロードすることにしました。「デジファイのおと」さんと同様に評価版という扱いでお願いします。

 

kick について

kick 時々 moct
どちらも名前のもじりです。kick は姓からですし、moct の方は名前の音読み+αです。
kicktickは要するに私のようにということで、基本きまぐれ、思いつき、言いたい放題、まれに真面目といことです。

メールアドレス  moctアットマークkickcoffee.org

カテゴリー: audio パーマリンク

デジタルな話ーBについて語りたい その17 Arch-Botic 再更新 への1件のフィードバック

  1. yseki118 のコメント:

    Arch-Boticの再更新ありがとうございます。
    今まで聞こえなかった音が聞こえます。
    凄い音です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA